今回は、バージョン5.0のアップデートにより、追加された新モンスターより
風魔小太郎を使った、闇統一パーティーの考察をしていきたいと思います。

huumakotarou2-1

そもそも風魔小太郎のスキルは木ドロップを光ドロップにするというスキルです。
そこから派生させて風魔小太郎からのカオスドラゴンナイトのスキルを使うことによって、
木ドロップも闇ドロップに変えることができるになりました。
これにより、闇統一パーティーのバリエーションが広がるとともにより多くの
ダメージを相手モンスターに与えることができるようになりました。

余談ですが、自分はこの忍者シリーズしかり、戦国シリーズのモンスターは
モンスターじゃねーだろとは思ってます。だって人じゃん!?
まあ使えるモンスターであることに変わりはないんですけれどもね。
でも自分の中で腑に落ちない部分があるのは確かです(^^;;

また、ペルセポネを使ったパーティー圧縮も考えたのですが、
そう考えると何度考えても闇以外のモンスターが2体以上入ってしまうので、
これは保留にしました。

しかし、石川五右衛門のように全てのドロップを同属性ドロップに変換してしまう、
こんなチートスキルあってたまるかと思うようなスキル、
属性変換の最終目標がほとんどのドロップを同属性ドロップに変換するという目標が
あっさりこいつのスキルだけで達成されてしまうのがシャクです。

しかし、イシスやホルスといったモンスターのリーダースキルとの互換性が無いので、
まあいてもパスドラのパワーバランス自体が壊れる危険性はないと思います。
つか、そのうち石川五右衛門のようなスキルを持ったものの闇版が出るのではないかと考えています。
そうなってくるとカオスドラゴンナイトやヴァンパイアロード自体の価値がなくなってしまう危険性がありますが、
その分統一パーティーのバリエーションが広がるので、ない話ではないかなと考えております。