さて、本日のダンジョンは
「大泥棒参上!」
手に入れられるのは
ルパン三世や他作品でもよく用いられる
「石川五右衛門」
が手に入ります。

今回は五右衛門を使う上での
メリット・デメリットを紹介しようと思います。

cdn18.atwikiimg.comごえ

メリット

最大の特徴は両スキルを使った高火力で

「天地の見得」:HP20%以下で攻撃力5倍
「天下大花火の術」:全ドロップを火ドロップ変化

があり火PTで固めると
相当の火力が出せます
更にコレに「フレイ」の
「フレイムエンハンス」1ターンの間、火属性の攻撃力が1.5倍になる
を加えれば更なる超火力を出せる、というわけです。

ここを更にフレンドのゴエモンがいると…25倍×1.5倍
さらにさらにドロップ強化持ちのホルスorフェニックス
がここにいると更に倍率が上がり
最終的な計算が
「LF倍率25xエンハンス1.5xドロップ強化2.8x全消し7.75=813.75 」

元の攻撃力が高ければ
なんと500万を超えるダメージを
出すことができます

ただ、これだとPTがほぼ固まってしまううえ
スキルを溜めるのに苦労はします。
しかしリーダーとフレに五右衛門が
入っていた場合だけでも25倍と十分あります。
それを前提として

◎全スキル使用 813.75
◎ドロップ強化のみ 542.5
◎F・エンハンスのみ 290.625
◎花火のみ 193.75

と多少変化を持たせても
十分火力が出るのがわかりますね。
ゴエモンがFLにいる25倍でも十分高いです。

この超火力は持っていて損はないハズ。

デメリット

■回復の調整が困難
当然の事ながら回復が高いと
回復が3つ揃って降ってきて
HP20%を上回ってしまうと
5倍(FLは25倍)が消えてしますので
回復が高いモンスターは単純に相性が悪いです。
いっその事回復させない&低くしたいというなら
回復がマイナス数値の
「豪腕の巨人・ギガンテス」
を入れたりして調整しましょう

■スキルを溜めるのが面倒
花火は初期で30ターン、
スキルマでも17ターンかかります
さらに倍率が発動すると
火力が高いため敵を瞬殺してしまい
ボスまでにうまくスキルを溜められないことも。

■序盤の戦闘が厳しい
当然HPを調整して
20%に入るまで高火力は出せません
なので敵を倒してHPを調整したいところですが
その前に敵の火力で死んでしまう
なんてことも多々あります。

■モンスターを揃えるのが困難
花火での超火力を出すには
レアモンスターである
「フレイ」「ホルス」が必要なので
実際運用するとなるとかなり難しいです。

対策やオススメ

まずPTの使い分けですが
回復がある方がスキルを溜められるので
基本的には

安定して25倍以上を出したい ⇒ 回復なしor低回復PT
スキルを溜めて超火力 ⇒ 回復ありPT

◎回復なしPTのオススメモンスター
ドロップ変換持ちでありながら
回復も低いという
「アレス」
「ディノライダー・ドレーク」
あたりがオススメです。

◎回復ありPTのオススメモンスター
こちらのオススメは
「エキドナ」
敵攻撃を遅らせる威嚇スキル持ちなので
いるといないとではかなり違いが出ます。
更に不安であれば、防御態勢などの
回復変換スキルもちを入れるといいでしょう。

ちなみにどちらの場合でも
花火を使うなら最低でも
「ホルス」or「フェニックス」
が持つ「ドロップ強化」スキルはほぼ必須です
かなりの火力差がでますので。

総評

正直私が使いたいということで
調べたんですが…

間違いなく上級者向けです^^;

スキルの調整といいモンスターのレアさといい
ダンジョンの難易度も含めると
初心者~中級者ではかなり手が出しにくいです。
ゼウスの方が使いやすいと皆がいう理由がわかりますね。

ただ火力は間違いなく最強クラス
選択肢の一つとして覚えておくといいと思います。